メニューへジャンプ 本文へジャンプ
優秀・特殊なスキルある人たちの人材情報サイト「Web-people」!企業が求めている人材探しをお手伝いします。
本文の開始

ニュースリリース


投稿記事の詳細ページです。

掲載日
2010-09-17
タイトル
【プチ情報】メンタル不調 原因トップ「人間関係」 〜中産連アンケート〜
テキスト
私は、仕事柄多くの求職者の方とお話をする機会があります。
当然ですが求職者の方にもいろんなタイプの方がみえます。
相談事をしてくる人、愚痴をこぼす人、過去の自慢をし始める人、怒り始める人など・・・。
本当にさまざまな方と知り合いになる事が出来ました。

そんな中、自ら退職理由を教えてくれる方が多いのですが、その理由として多いのが職場に於ける人間関係でした。
そんな内容を裏付けるような内容の新聞記事を目にしましたので、ご紹介します。

メンタル不調 原因トップ「人間関係」 〜中産連アンケート〜

中部産業連盟が16日発表した「職場の活性化とメンタルヘルス」に関するアンケートによれば、メンタル不調が過去3年で「増加した」と回答した企業割合が31.2%に上ったことが分かった。
一方、「減少した」との回答は12.3%だった。

 メンタル不調者の多い年齢層については「30代」と回答した企業割合は42.8%、「40代」は29.7%。
また、メンタル不調の原因について「職場の人間関係」と回答した企業割合は71.0%と、「業務遂行上のトラブルや困難」(53.6%)を引き離してトップだった。

 調査対象は会員企業768社。
うち有効回答は138社。
回収率は18.0%だった。

[引用元:中部経済新聞 2010.09.17]

非常に興味深い内容や数値がでていました。
この記事を見た経営陣は、是非自社内に於いて社員に対するアンケートなどを実施してみてはいかがでしょうか?
思わぬ内容が返ってくるかもしれませんが、自社内の実態と捕らえて、いろんな取り組みをする事で定着率のアップや社内のコミュニケーションなど改善される事も多いかもしれません。

【PR】優秀なデキル人財情報紹介サイト「web-people」


このページの先頭へ

ページの終了